ビジネス

【速報】シンガポールでコロナワクチンを摂取!ワクチンパスポートで海外出張開始?

全ての年齢層への一般の摂取予約を6月から開始

アメリカやイギリスではコロナワクチンの普及が進んでいるけど、シンガポールはどうなのかな?

2021年4月現在でワクチンの摂取回数では167万回、摂取完了数は53万人(9.4%)なんだ。人口が570万人と少ない国なので、これからの摂取人数を増やすペースはどんどん早くなっていくと思うよ。

今年に入りシンガポール政府は医療従事者を先ずは優先してワクチン摂取を行って来ました。医療従事者の次は高齢者、公共交通機関に勤務している人、学校関係者と進め、3月に入り45歳以上の人がワクチン摂取の予約ができるようになりました。

2021年4月13日現在

ワクチン摂取を受けれる人はシンガポール人、永住権保持者だけではなく、就労ビザなどで長期滞在している人達も無料で受けることができます。このペースで進むと2021年の第三四半期にはワクチン摂取による集団免疫が達成できる見通しです。

シンガポールでのワクチン摂取の流れ:摂取して来ました!

先ずはMOH(厚生省)のサイトで登録

筆者の歳がバレそうですが、先日、無事に第一回目のワクチン摂取に行って来ました。

先ずはシンガポールの厚生省のサイトでワクチン摂取の予約登録をします。この際にシンガポールの携帯電話番号とシンガポールの身分証明書、生年月日などを入力します。予約可能な年齢の条件などを満たしていれば登録となります。

登録後、厚生省から登録した電話に登録完了のSMSが送られてきます。

こんな感じです

この後、人によってばらつきはありますが、1週間ほどで「予約ができますよ」というSMSが届きます。SMSの中に自分専用のリンクが入っており、SMSが届いてから2週間以内にリンク先からワクチン摂取の希望の場所と日時を決めます。

サイトで日時を決めると厚生省からSMSが届きます。

私の場合は近かったのでBuona Vistaのコミュニティーセンターにしました。基本は各地域のコミュニティーセンターですが、摂取出来るスロットが異なります。

実際にワクチン摂取へ

摂取場所はコミュニティーセンターです。入り口で厚生省からの予約確定のメッセージと身分証明書を見せます。

Buona Vistaコミュニティーセンターの場合は、この後、2階の会場へ移動となります。そこで再度身分証明書の確認と、ワクチン摂取についての説明が書いてある書類をもらいます。

アレルギーの有無などを答えたこの書類は、2回目の摂取の時にも必要となります。ここで摂取するワクチンがモデルナ社製だとわかります。ワクチンの種類を選ぶことはできません。

ここからは待ち時間はほとんどなく、白い衝立で作られたブースが10個ほどあり、その中での摂取となります。私の場合は左肩への注射で、数秒のあっという間で終わりました。

摂取の後は衝立のブースの後ろにある待機場で30分間経過を見るために座っています。

待機場はこんな感じです

何もすることがないので、本を持って行けばいい読書時間になります(笑)。30分経つと前方の係の人が名前をマイクで読み上げるので、自分の名前が呼ばれたら部屋を出ることができます。

部屋を出ると、外にいる係の人から「お疲れ様!」という事でマスク一箱と手の消毒液を1ボトルもらいました。色が透明なので水と間違えて飲まないように!

以上がシンガポールで受けたコロナワクチンのプロセスでした。とにかく全てのプロセスがスムーズで、待ち時間もほとんどなく、シンガポール政府らしいきちんとアレンジメントでした。

ワクチンパスポートはいつから?

シンガポール政府は2021年3月に、オーストラリア政府とワクチンパスポートについて協議をしていることを発表しました。また、4月に入り、シンガポール政府が国会に置いてワクチンパスポートの運用について協議を始めている事、香港とのトラベルバブル実施についての計画を報道しています。

2021年4月現在ではまだワクチンパスポートでの検疫期間なしでの渡航先は決まっていませんが、中国、韓国でも積極的にワクチンパスポートの早期導入の検討に入っています。

シンガポールと韓国はビジネスでの渡航に関し、Fast Laneスキームを2020年9月から開始していたのですが、韓国での感染者数増加に伴い、2021年の2月から4月末までスキームの一時停止をしています。

一時定期期間がそろそろ終了するので、従来のFast Laneの再開とともにワクチンパスポートの運用も含まれれば、5月に早速韓国に行ってみたいと思います。

ビジネストラック関連の記事はこちら!

【外務省発表】日本とシンガポールでのビジネストラックが遂に開始!

【速報!】シンガポールー日本をビジネストラックで行ってみた(2020年11月)

【実体験】Fast Lane(ビジネス・トラック)でシンガポールから韓国に出張!

シンガポールの外資系企業で働く話、英語の記事はこちら。

【実体験】外資系20年の筆者が語る、外資でのビジネス英語と勉強の話

  • この記事を書いた人

ななころ

外資系企業で長年グローバル・マーケティングのトップとして勤務後、東南アジア在住で独立。コモディティ・トレーディングとマーケティング・コンサルティングを行う。趣味は筋トレと料理。

-ビジネス

© 2022 ななころ Powered by AFFINGER5